他にも色々あるが・・やっぱNEMな件

NEMは、ビットコインやイーサリアムと同じ仮想通貨の一つです。

通貨名:NEM(ネム)
通貨単位:XEM(ゼム)
発行数:8,999,999,999XEM(約90億)

NEMが他の仮想通貨と大きく違うところは、取引記録をチェーン上に記録する作業を「誰が行うのか」を決めるアルゴリズムにあります。

多くの仮想通貨はビットコインのブロックチェーンを採用していますので、ビットコインと同じように、POW(Proof of Work)というアルゴリズムを採用しています。

これは、たくさん電力を使ってハッシュ値を見つけた人(イメージ:一番早く暗号を解いた人)がトランザクションを処理できるようになっており、このマイニングと呼ばれる作業に成功した人に報酬としてビットコインが支払われます。

このハッシュ値を見つける作業は、マイニングをする人が多いほど難しくなっていくので、2017年では1トランザクションを処理するだけで「おおよそアメリカの一般家庭1週間分」の電力が消費されています。

対照的にNEM(ネム)はブロックチェーンを独自で開発しています。

承認者を決める方法はPOI(Proof of Importance)というアルゴリズムを採用しており、たくさんXEMを使って経済活動を促す重要性(Importance)の高い人が承認作業に成功できるアルゴリズムになっています。

通常、承認作業には報酬が支払われるので、ブロックが生成されるたびに、新しい通貨が新規発行されます。

例えば「イーサリアム」で例えるなら、15秒で一つのブロックが生成され「5ETH」が発行されます。

つまり、15秒毎に55万円分のETHが新規発行されているということです。(1ETH=37000円計算)これは、1日で約32億円分の売り圧力があるということです。

しかし、NEMは取引手数料の中から承認報酬が支払われるので、新規発行はせず希薄化しません。

NEMは提供している「API」が活用された時の手数料(ネームスペースや送金手数料など)が報酬として支払われるので、新規発行をしなくてもブロックチェーンの「記録・承認」作業を維持できるように設計されています。

勝手に引用しましたよ

やっぱNEMって感じでしょ?

ビットコインなんて電気代だけでありえないって思えてくるよね?

マイニングで世界の1年間に使う電気をもうつかったもうた・・ってニュースもあったしね。

これからAPIを利用してアプリを作ろうと思うけど・・それもNEMだからだもん。。

そう考えると これからもどんどん価値が上がると思いますよん。